[CentOS]Apacheのインストールと初期設定

WordPressの開発環境を整える

この記事を書いている2016年7月22日
いよいよ「Pokemon Go」が日本でもサービス開始しました

超絶大ブームなので、これにあやかって記事を書くのみいいですが、、、

今日はポケモンゲットしないでWordpressの開発環境を整えるのです!

前回までに、Vagrantを使用してCentOS環境を立ち上げるまでできました
ここにWordpressの環境を整えていきます

とはいえまだWordpressは出てこず、、、

WordPressを使用するためにはいろいろなソフトのインストールと設定が必要になるんです。

今日はWebサーバのApacheをインストールします。

Apacheとは

まずはApacheとはなんぞやというところから

Apache HTTP Server(アパッチ エイチティーティーピー サーバ)は、世界中でもっとも多く使われているWebサーバソフトウェアであり、大規模な商用サイトから自宅サーバまで幅広く利用されている。単にApacheとも称されている。

開発は、Apacheソフトウェア財団のApache HTTPサーバプロジェクトで行われている。Apache Licenseの下でソースコードが公開および配布されており、代表的なオープンソースソフトウェアの一つである。

 

 

wikipedia

とのことで、ようするにオープンソースで開発されているWebサーバです

VMのネットワーク設定

Apacheをインストールする前に、VMのネットワーク環境が正しく構築されているか確認が必要ですね。

使用するVMの、Vagrantfileを見てください。

$ vi Vagrantfile 

下記の部分を修正しましょう

修正前
#config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

修正後
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

Vagrantfileを修正したらVMを再起動します

$ vagrant halt
$ vagrant up

vagrant ssh でVMにログインしたらIPアドレスを確認

[vagrant@localhost ~]$ ip addr show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN 
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 52:54:00:bd:97:1e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.0.2.15/24 brd 10.0.2.255 scope global dynamic eth0
       valid_lft 86374sec preferred_lft 86374sec
    inet6 fe80::5054:ff:febd:971e/64 scope link 
       valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 08:00:27:92:f7:ac brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.56.101/24 brd 192.168.56.255 scope global dynamic eth1
       valid_lft 1184sec preferred_lft 1184sec
    inet 192.168.33.10/24 brd 192.168.33.255 scope global eth1
       valid_lft forever preferred_lft forever

OKな感じですね

インストール

さて、Apacheをインストールしましょう

CentOSへのApacheインストールはとても簡単
yumを使用したらすぐにインストールできます

yumっていうのは、パッケージの管理ソフトです
Linuxではソフトウェアをインストール(コンパイル)する際に、他のライブラリを使用していたりします
そういう場合、そのライブラリがインストールされていないと、うまくインストールできません

これを依存関係とかって言ったりします

yumやaptなんていうパッケージ管理ソフトを使うと、必要なソフトを勝手に剪定+インストールしてくれて、依存関係を気にしなくてよくなります

便利!超便利!

これを使用して、下記のようなコマンドでapache(httpd)をインストールします

[vagrant@localhost ~]$ sudo yum install httpd
読み込んだプラグイン:fastestmirror
base                                                                                   | 3.6 kB  00:00:00     
extras                                                                                 | 3.4 kB  00:00:00     
updates                                                                                | 3.4 kB  00:00:00     
(1/4): base/7/x86_64/group_gz                                                          | 155 kB  00:00:00     
(2/4): extras/7/x86_64/primary_db                                                      | 149 kB  00:00:00     
(3/4): updates/7/x86_64/primary_db                                                     | 5.7 MB  00:00:05     
(4/4): base/7/x86_64/primary_db                                                        | 5.3 MB  00:00:16     
Determining fastest mirrors
 * base: www.ftp.ne.jp
 * extras: www.ftp.ne.jp
 * updates: mirror.vastspace.net
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ httpd.x86_64 0:2.4.6-40.el7.centos.4 を インストール
--> 依存性の処理をしています: httpd-tools = 2.4.6-40.el7.centos.4 のパッケージ: httpd-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64
--> 依存性の処理をしています: /etc/mime.types のパッケージ: httpd-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64
--> 依存性の処理をしています: libaprutil-1.so.0()(64bit) のパッケージ: httpd-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64
--> 依存性の処理をしています: libapr-1.so.0()(64bit) のパッケージ: httpd-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ apr.x86_64 0:1.4.8-3.el7 を インストール
---> パッケージ apr-util.x86_64 0:1.5.2-6.el7 を インストール
---> パッケージ httpd-tools.x86_64 0:2.4.6-40.el7.centos.4 を インストール
---> パッケージ mailcap.noarch 0:2.1.41-2.el7 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

==============================================================================================================
 Package                  アーキテクチャー    バージョン                           リポジトリー          容量
==============================================================================================================
インストール中:
 httpd                    x86_64              2.4.6-40.el7.centos.4                updates              2.7 M
依存性関連でのインストールをします:
 apr                      x86_64              1.4.8-3.el7                          base                 103 k
 apr-util                 x86_64              1.5.2-6.el7                          base                  92 k
 httpd-tools              x86_64              2.4.6-40.el7.centos.4                updates               83 k
 mailcap                  noarch              2.1.41-2.el7                         base                  31 k

トランザクションの要約
==============================================================================================================
インストール  1 パッケージ (+4 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 3.0 M
インストール容量: 10 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
警告: /var/cache/yum/x86_64/7/base/packages/apr-util-1.5.2-6.el7.x86_64.rpm: ヘッダー V3 RSA/SHA256 Signature 、鍵 ID f4a80eb5: NOKEY
apr-util-1.5.2-6.el7.x86_64.rpm の公開鍵がインストールされていません
(1/5): apr-util-1.5.2-6.el7.x86_64.rpm                                                 |  92 kB  00:00:00     
(2/5): apr-1.4.8-3.el7.x86_64.rpm                                                      | 103 kB  00:00:00     
(3/5): mailcap-2.1.41-2.el7.noarch.rpm                                                 |  31 kB  00:00:01     
httpd-tools-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64.rpm の公開鍵がインストールされていません
(4/5): httpd-tools-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64.rpm                                    |  83 kB  00:00:01     
(5/5): httpd-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64.rpm                                          | 2.7 MB  00:00:02     
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
合計                                                                          1.2 MB/s | 3.0 MB  00:00:02     
file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7 から鍵を取得中です。
Importing GPG key 0xF4A80EB5:
 Userid     : "CentOS-7 Key (CentOS 7 Official Signing Key) <security@centos.org>"
 Fingerprint: 6341 ab27 53d7 8a78 a7c2 7bb1 24c6 a8a7 f4a8 0eb5
 Package    : centos-release-7-2.1511.el7.centos.2.10.x86_64 (@anaconda)
 From       : /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
上記の処理を行います。よろしいでしょうか? [y/N]y
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  インストール中          : apr-1.4.8-3.el7.x86_64                                                        1/5 
  インストール中          : apr-util-1.5.2-6.el7.x86_64                                                   2/5 
  インストール中          : httpd-tools-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64                                      3/5 
  インストール中          : mailcap-2.1.41-2.el7.noarch                                                   4/5 
  インストール中          : httpd-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64                                            5/5 
  検証中                  : httpd-tools-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64                                      1/5 
  検証中                  : apr-1.4.8-3.el7.x86_64                                                        2/5 
  検証中                  : mailcap-2.1.41-2.el7.noarch                                                   3/5 
  検証中                  : httpd-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64                                            4/5 
  検証中                  : apr-util-1.5.2-6.el7.x86_64                                                   5/5 

インストール:
  httpd.x86_64 0:2.4.6-40.el7.centos.4                                                                        

依存性関連をインストールしました:
  apr.x86_64 0:1.4.8-3.el7        apr-util.x86_64 0:1.5.2-6.el7   httpd-tools.x86_64 0:2.4.6-40.el7.centos.4  
  mailcap.noarch 0:2.1.41-2.el7  

完了しました!

これでインストールは完了です

 

下記のコマンドで無事にインストールされているか確認しましょう

[vagrant@localhost ~]$ httpd -v
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
Server built:   Jul 18 2016 15:30:14

次にちょっとだけ設定

apacheの設定ファイルは「/etc/httpd/conf/httpd.conf」です
このファイルを編集します

$ sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

修正前
#ServerName www.example.com:80

修正後
ServerName 192.168.33.10:80

Apacheの起動確認

Apacheの動作を確認します。

下記コマンドを叩いてapacheのサービスを起動しましょう

$ sudo service httpd start
Redirecting to /bin/systemctl start  httpd.service

ホストOKのブラウザを開いて「http://192.168.33.10/」にアクセスしてみましょう

こんな画面が表示されれば問題なく動作しています!

Apache HTTP Server Test Page powered by CentOS 2016-07-23 16-17-19

お疲れ様でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です