[PHP]MacにComposerを導入する

Composerってなんだ?

PHP使いなら知っているであろう「Composer」

知らない人はインストールしておきましょう

そもそもComposerってなんだろう

Composerは、PHPプログラミング言語向けのソフトウェアおよび必要なライブラリの依存関係を管理する標準形式を提供するアプリケーションレベルのパッケージ管理システムである。

コマンドライン上で動作し、アプリケーションが依存するライブラリなどをインストールする。 また、利用可能なパッケージを含んでいるメインリポジトリ『Packagist』[3] で利用可能なPHPアプリケーションをインストールすることも可能であるほか、ライブラリ向けにサードパーティのコードを容易に利用出来るオートロード情報を指定できる機能も提供されている。

また、Laravelを含めた有名なオープンソースのPHPプロジェクトの重要な機能の一部として利用されている。

Node.js でいう npm、Linuxでいう apt-getやyumのような、PHP用のいわゆるパッケージマネージャですね

いろんなライブラリをインストールする際、依存関係とかを勝手に解決してくれる頼もしいやつ。

なによりも、LaravelやCakePHPの環境が簡単に構築できるんですよこれ!!

Macにインストール

私はいつも開発はMacbook Proで行ってるんで、こいつにインストールしてみます

インストールは簡単、数ステップで完了します

まずは、既にComposerが入っていないか確認しましょう

$ composer -V

バージョン情報が表示された場合は既にインストールされています
あなたは正式なPHP使いです

さて、バージョン情報が表示されない場合はインストールしてみましょう

手順としては

  1. curlでソースファイルをダウンロードしてくる
  2. phpコマンドで実行
  3. composerの実行ファイルをパスの通っているディレクトリに移動

やっていきます

$ cd ~/Downloads
$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

All settings correct for using Composer
Downloading...

Composer (version 1.4.2) successfully installed to: /Users/s-makinaga/Dropbox/ApplicationSettingsSync/Downloads/composer.phar
Use it: php composer.phar

$ mv composer.phar /usr/local/bin/composer

これでインストールは完了です

再度バージョン情報を確認してみましょう

$ composer -V

Composer version 1.2.1 2016-09-12 11:27:19

バージョン情報が出ました!!

あとは使い倒すのみです!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です